biscuit gallery first anniversary exhibition  "grid"
会場:biscuit gallery(渋谷)
会期:2022年3月3日(木)〜3月27日(日) ※前期:3/3〜3/13・後期:3/17〜3/27
<前期 2022/3/3(木)〜3/13(日)>
参加作家(前期)
青木悠太朗、AHMED MANNAN、新井浩太、有村佳奈、飯田美穂、五十嵐大地、石井海音、井上りか子、岡田佑里奈、木村美有、斉藤弥主子、齊藤拓未、渋谷七奈、鈴木秀尚、高久秀美、城蛍、田中綾子、谷口正造、坪山斉、仲衿香、中田有美、永田優美、那須佐和子、西浦裕太、フカミエリ、藤田つぐみ、布田葉太郎、水戸部七絵、ミノリ、渡邊涼太、Liao Yuan Yi ※五十音順
TUAD-ART LINKS
A-新宿髙島屋
10階 美術画廊
会期: 2月17日(木)~28日(月)10:30~19:30 (最終日16:00まで)
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
TEL: 03-5361-1615
[SHOP] 
drawing book 01
2019〜2021年までに描いたドローイングを本にしました。まだ公開したことのないドローイングも収録してます。是非お手に取ってお楽しみください。
—————————————————————————————————————- 
仕様 B6 128×182mm (外袋180×260mm) 26枚 
ブックデザイン: hoyamaru 
助成:(公財)仙台市市民文化事業団
—————————————————————————————————————- 
 〠本体価格に郵送費のレターパックライト+梱包材費も含まれてます。発送までに一週間ほど頂きます。
open studio
お時間ある方是非覗きにきてください。ゆるく販売もします 
 2021.11.20(sat)~11.21(sun) 11:00〜17:00 
山形県上山市矢来1-3-1 
菅野耕平/渋谷七奈
常設展「Drawings and Prints」
日時:2021年11月6日(土)ー2021年11月17日(水) 
10:00–19:00 入場無料 
取り扱っている作品の中から、紙にドローイングしたものや紙に刷ったものを集めました。それぞれの作品の素材の違いにぜひご注目ください。
辛遊理/KANOTO Yuri 渋谷七奈/SHIBUYA Nana ちばさなえ ナガバサヨ  藤原美咲/FUJIWARA Misaki 増子博子/MASUKO Hiroko 森⽥梢/MORITA Kozue 吉田真理/YOSHIDA Mari  吉田和夏/YOSHIDA Waka
galleryにてドローイングを引き続き取り扱っていただいております。
第15回 ひじおり灯篭絵展示会「ひじおりの灯」
新作の灯籠を展示しております。
秋期点灯:2021年9月11日(土)〜10月10日(日) | 新作灯籠を展示
点灯時刻:18:00〜20:30 (雨天の場合、点灯する灯籠が限られます)
山形県最上郡大蔵村肘折温泉​​​​​​​
The 13th Hijiori Lantern Painting Exhibition "Hijiori no Lamp"
群馬青年ビエンナーレ2021
〔会 期〕 2021年7月17日[土] ~ 8月22日[日]
      AM 9:30~PM 17:00(入館は午後4時30分まで)
〔休館日〕月曜日(ただし8月9日、16日は開館)8月10日(火)
〔会 場〕群馬県立近代美術館 展示室 3、4、5
〔観覧料〕一般:300(240)円、大高生:150(120)円 
      *(  )内は20名以上の団体割引料金
      *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
〔主 催〕群馬県立近代美術館
ARTSTS’ FAIR KYOTO 2021
2021.3.6(sat)-3.7(sun)
京都文化博物館 別館
一般 ¥1,800
学生 ¥1,000
シグセレクト 2020
2020.12.5(土)ー12.20(日)
11:00-19:00
火曜・水曜定休
cya art gallery 
参加作家: 飯泉祐樹/伊山桂/小林知世/渋谷七奈/髙橋大二郎/ 野上晴喜/溝口昭彦/三村紗瑛子/門馬美喜/渡邉里絵香
cyg select 2020 , cyg art gallery, Morioka, Japan
みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020

テーマ:山のかたち、いのちの形 〜全体性を取り戻す芸術祭〜
会期:2020年9月5日[土]– 27日[日]会期中の金・土・日・祝日にライブ配信あり
参加料:無料(一部有料)

「まちとひと」 
担当キュレーター/青山ひろゆき、アイハラケンジ、安達大悟
山形駅前大手門通りすずらん商店街を舞台に、アーティストやデザイナーが市民とともに、多様性や調和、学びや営みといったテーマで様々なコンテンツを展開。市民・アーティスト・デザイナーの三者による、新しい「街と人のかたち」について多角的な視点で検証していく。(オンデマンド配信、LIVE配信、ネット販売)
参加予定アーティスト/青山ひろゆき(画家)、大山顕(写真家)、大脇理智(芸術家)、金子朋樹(画家)×土澤修次郎(木工職人)、木原正徳(画家)、鴻崎正武(画家)、小林伸好(漆作家)、佐々木理一(陶芸家)、澤口俊輔(美術家)、末永敏明(画家)、杉の下意匠室(デザイン事務所)、ハレの養生(渋谷七奈・福田美里・前田明日美・増子博子)、土澤潮(デザイナー)、長沢明(画家)、中村桂子(版画家)、萩原尚季(デザイナー)、藤田寿人(デザイナー)、細川貴司(画家)、保田井智之(彫刻家)、松村泰三(造形作家)、村上滋郎(美術家)、室井公美子(美術家)、屋代敏博(写真家)、柳田哲雄(テキスタイル作家)、佐藤裕吾(デザイナー)、吉田勝信(デザイナー)、吉野敏充(デザイナー)、若月公平(版画家)

Yamagata Biennale "Mathi to Hito", TOMIHIRO building, Yamagata, Japan
第14回 ひじおり灯篭絵展示会「ひじおりの灯」

夏期点灯:2020年8月8日(土)〜8月23日(日) | 旧作灯籠を展示
秋期点灯:2020年9月12日(土)〜10月11日(日) | 新作灯籠を含めて展示
山形県最上郡大蔵村肘折温泉
例年、ひじおりの灯は7月下旬から9月中旬まで、肘折温泉の温泉街にて開催していました。5月の中旬にはアーティストのみなさんが肘折温泉に取材合宿をし、新作の灯籠絵の制作に取りかかります。約2ヶ月をかけ完成し、温泉街や湯治部屋に展示されます。2020年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、4月中旬から6月まで肘折温泉の旅館や商店などが休業し、新作のための取材合宿が中止となりました。この間、ひじおりの灯の実施について、実行委員会や参加アーティストのみなさんとオンラインにて検討をしてきました。この2ヶ月間、日々状況が変わるなかでしたが、ひじおりの灯の中止はせず、なんとか温泉街にあかりを灯したいと考え、今できる「ひじおりの灯」を実施していきます。当初の予定とは異なりますが、実施内容についてはウェブを中心に情報発信をしていきます。

The 13th Hijiori Lantern Painting Exhibition "Hijiori no Lamp"
between room

2019年9月2日(月) - 9月29日(日)
石巻 まちの本棚
宮城県石巻市中央2丁目3-16 たん書房ビル

木村美紗 小林知世 渋谷七奈 福田美里

URL :    まちの本棚​​​​​​​
"between room"  ISHINOMAKI BOOKSHELF, Miyagi, Japan
第13回 ひじおり灯篭絵展示会「ひじおりの灯」
2019年7月26日(金)→9月16日(月)
山形県最上郡大蔵村肘折温泉
新作灯籠9基は、8月10日から展示いたします。
8月10日~8月25日は湯治部屋にて屋内展示もいたします。
霊峰月山の麓、かつての火山噴火によって生まれたカルデラの底で、今も昔も変わらず湯をたたえ人々を迎える湯治場・肘折温泉。
 開湯1200年の夏からはじまった灯籠絵展示会「ひじおりの灯」では、毎年雪解けの季節に山形に縁ある若手作家らが温泉街で滞在制作を行い、周辺に広がる豊かな大地や生命力あふれる動植物、山岳信仰に同地の歴史、湯とともに生きる人々の暮らしなど、湯治場に息づくさまざまな情景を描き出し、八角の灯籠に仕立てています。
 この夏も9名の若手作家による新作を含む灯籠絵を、肩を寄せ合うように並ぶ旅館や商店の軒先に、また湯治部屋を会場に、表情豊かに灯します。
 湯に人に、いくつものいのち行き交う湯治場の夜をぐるり巡って、肘折の〈絵物語〉をお楽しみください。
新作灯籠出品者
桶本理麗、草彅裕、渋谷七奈、田中望、中須賀愛美、福田美里、古田和子、増子博子、𠮷田勝信
(五十音順)
The 13th Hijiori Lantern Painting Exhibition "Hijiori no Lamp"
ART AWARD TOKYO MARUNOUCHI 2019

会期 : 2019年6月20日(水)〜2019年6月20日(木)
開催時間 : 11:00〜21:00 ※入場無料 ※会期中無休

会場 : 行幸地下ギャラリー 丸の内・有楽町・大手町エリア ※作品により展示会場が異なります。
URL :  a.a.t.m
"ART AWARD TOKYO MARUNOUCHI 2019" Tokyo, Japan​​​​​​​
Date: June 20 (Wednesday) 2019 to 20 June (Thursday) 
Opening time: 11:00 to 21:00 ※ Admission free ※ Open all day 
Venue: Gyoko-dori Underground Gallery Marunouchi, Yurakucho, Otemachi area ※ The exhibition site varies depending on the work.
クリエイター奨学金第2期生 作品展覧会「KUMA EXHIBITION 2019」​​​​​​​
日時:2019年3月21日(木)〜 2019年3月24日(日)
場所:スパイラルガーデン&ホール 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
料金:入場無料
URL : KUMA EXHIBITION 2019​​​​​​​
"KUMA Exhibition 2019", Spiral, Tokyo, Japan
「擬似マウンテン」 in Tokyo 
2018年12月15日(土) – 12月22日(土)、2019年1月8日(火) – 1月20日(日)
開館時間:12:00 – 19:00
CALM&PUNK Gallery
東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル
参加アーティスト:水野健一郎、とんぼせんせい、都築潤、よシまるシン、奥田栄希、高木真希人、武居功一郎、堀田知聖、渋谷七奈
入場無料
休館・休廊日:日曜、月曜 ※最終日曜日オープン
・オープニングレセプション:12月15日(土)19:00 – 21:00
"Pseudo mountain - the identity of reality -"  CALM & PUNK Gallery, Tokyo, Japan
"山のような100ものがたり" 山形ビエンナーレ
2018年9月1日[土]~9月24日[月・祝]
※期間中の金・土・日・祝日のみ開催
開館時間 : 10:00〜17:00
会場:東北芸術工科大学キャンパス
※インフォメーションは本館1階
キュレーション:三瀬夏之介、宮本晶朗
アートディレクション:鈴木敏志+小関司(杉の下意匠室)
編集:中島彩(リアルローカル山形)
〈 出品アーティスト 〉
杉の下意匠室+中島彩、狩野宏明、東北画は可能か?、ハタユキコ、浅野友理子、大槌秀樹、井戸博章、坂本大三郎、坂田啓一郎、鈴木慎吾、藤原泰佑、後藤拓郎、武谷大介、是恒さくら、五百澤智也、清水大典、新海竹蔵、新海覚雄、新海竹太郎、菊池新学、高橋由一、高橋源吉、久松知子、渋谷剛史、金子富之、春原直人、氏家昂大、水野健一郎、とんぼせんせい、高木真希人、よシまるシン、奥田栄希、都築潤、武居功一郎、武田鉄平、堀田知聖、渋谷七奈、永岡大輔、熊谷幸治、井口和泉、佐藤恒平、金子拓、AGAIN-ST、L PACK.、石原葉+ゲッコーパレード、OF THE BOX.、山のようなヤタイ祭り、保田井智之、番場三雄、長沢明、深井聡一郎、屋代敏博、青山ひろゆき、鴻崎正武、金子朋樹、吉賀伸、大山龍顕、三瀬夏之介、原高史、今村直樹、LLP アメフラシ、村上滋郎、山形キャラ調査班
Yamagata Biennale "100 stories like mountains", Tohoku University of Art & Design (TUAD), Yamagata, Japan
Back to Top